1616 Motors」カテゴリーアーカイブ

木のレースカー その2

その後のレースカー!

一度、バラバラにして、もう一度、ペーパーで磨き込み、ホコリを取り除き塗装作業!
プスレー缶を使い塗っては乾かしの繰り返し!で2週間!最後1週間は、そのまま放置〜


そしてゼッケン16のデカールをはって組み立てました。

これで完成だけど、ドライバーでも乗せるかなぁ〜

木のレースカー

小学生の頃、近所で家を建てている大工さんの所に行って、端材をもらって来た。

そして、手ノコで切って、釘でくっつけて、飛行機や船、クルマなどなどを作って遊んでいた!
もちろん、当時からトラックやクレーンやフォークリフとなどなど働く大好きだったけど、レースカーも好きだった!

あっ!レーシングカーではなくレースカーね!(笑
2、3年前から木でレースカーを作ってみたくなり、やっと先日から作り始めた!


もちろん動力はなし、ハンドルも切れない!でも、雰囲気のあるクルマを作りたい!と。
まだまだ、完成は先だけど、気持ちは小学生の頃を変わらない!

なんか、楽しくて仕方ないなぁ~♪

変なこだわり!その2(プラグフック)

先日のプラグフックの続きですが、またまた変なこだわりが!
まず、壁のかけるための針金ですが、室内なら問題ないのですが、外だと錆びてしまいます。

なので、見た目はあんまり変わりませんが、Super Blueを使って黒錆でコーティングしました!

そしてプラグの取り付けですが、当たり前なんですが、プラグレンチを使うとかなり楽にプラグを埋め込むことができます~

今回は、壁掛けの部分のバリエーションを増やしました!

このプラグフック、春先からのイベント出展時で販売!そしてただいま、東京稲城のジムニーショップの「4X4 IMPS」さんでも販売しております。

4X4 IMPS ホームページ
http://www.imps.co.jp

変なこだわり!その1(プラグフック)

ちょこっとバイク、車などを整備をするんで、プラグ交換やオイル交換を自分でしますが、使用済みのプラグが何かにならないか~と考えて数年前に、プラグを利用したフックを作りました!自分で車整備する方には、これがある意味「大好評」で、皆さんDIYで「作ってみよ~と」

オイオイっ!~とツッコミを入れたくなりますが、まぁ、モノ作りを楽しんで頂けたらと思います。

さてさて、いろいろ工房&1616Motorsのこだわりですが、写真を見て頂けると分かると思いますが、プラグの穴をちょっとそれなりに加工しています!


主体金具部分は入る穴を先に浅く開け、その後、リーチ部分(ねじ込んでいく部分)の穴を開ける「2度開け工法」をしています。

あっ!この「2度開け工法」今作った用語です(笑
また、壁にかけた場合、ちょっと上向きに角度を持たせることで、モノが落ちづらくしています


またこの場合、板の厚さなどで、角度が変っているモノもあるのでその辺を見極め穴を開けています。

まっ!「だから何?」ですがっ!でも、そんなちょっとの事がモノ造りの「(変な)こだわり」で面白い所では、ないでしょうか?(笑

新年明けましておめでとうございます!

新年早々、ある工具メーカーの記事に感化されスパナを収めるトレイを試作してみました!‥‥がっ!

まずは、それなりの工具を集めてからにします!(笑

今年もよろしくお願いいたします!

カーブーツセール終わりました〜

カーブーツセール無事、終わりました!
またまた多くのお友達が来て頂きありがとうございました!


さぁ~今度は9/28~29日の大人の外遊び!
また情報はアップしますね!

焚火と夜を楽しみましょ~(^^)

スパークプラグのキーホルダー

「スパークプラグキーホルダー」ただいま、絶賛、制作中です。


小さくて可愛いよ~!

いろいろ工房&1616Motors、各WebShopで発売開始しました!
BASE店
https://1616kobo.handcrafted.jp

minne店
https://minne.com/@iroiro-kobo

creme店
https://www.creema.jp/c/iroiro-kobo

各ショップ、送料・消費税込み1,416円で販売してますので、よろしくお願いいたします。

DIY雑誌のドゥーパ!の取材!

次号9月6日、発売予定の特集「DIYガレージ成功のコツ」で跳ね上げ式の扉と単管パイプのタイヤラックの取材を受けさせて頂きました~!

ガレージは久々の登場~かな?

10年前に基礎工事以外は、カミさんと2人でコツコツと積み上げたDIYセルフビルドのキットガレージです!

ってまだ完成してませんが~八ヶ岳南麓のA.ガウディか!(笑

運搬車

ちょうど去年の今頃、仕事関係の縁でこの運搬車を頂きました。

そして先週に高所伐採のお手伝いをしましたが、今後、このような林業に関係する仕事もありそうなんで、この運搬車のメンテナンスを!

しかし、ただ、未だにメーカーが不明のままです~

エンジンは三菱製のGB180ですが、このエンジンは、載せ替えた!と前オーナーさんが言ってました。そしてこれがコックピット!運転席が左側なんで‥‥こうゆう車両のハンドル位置って国産、外車ってあるんだろうか‥‥


さてさて手がかりです~

手がかりその1
ボティの左側のフレームに「TT800」の文字ステッカーが貼られてます。おそらく形式?型式か?

手がかりその2
フロント部分の向かって左側にはステッカーらしきモノの上に塗装された感じになっている。

なので、シンナーを染み込ませたウェスで拭いて塗装を落としていきます。

そうすると「Lumber 800」の文字が書かれてあるステッカーが見えてきた。

車両名なのかな?

手がかりその3
フロント部分の向かって右側にはステッカーの残骸‥‥これは最初から?それとも後から!
先頭の文字しか見えないけど、たぶん「i」の文字か?

初めから付いていたステッカーだと左側同様に塗りつぶすと思うので、後から貼ったステッカーで、手がかりとはあまり関係なさそう~な感じ。

そして、これらの手がかりでネットで調べてみたけど、なかなか、この車両がヒットしない‥‥

ただ、なんとなくYouTubeで見つけた三菱社製の6輪のコックピットのフレームが似ているし、この手の乗車タイプだと現在販売してる車両でいくと河島農具製作所のECZ1275シリーズに似ているし‥‥

この雰囲気だともちろん昭和時代だと思うので、すでに部品などは無いと思うけど、とりあえずメーカーだけでも、解れば~

しかし、運搬車を作ってる製作所っていっぱいあるなぁ~!